知っておきたいことについて調べてみました

猫の目ニュース

おすすめニュース 登山、山ボーイ

レイヤリングって何? 登山初心者のウェアは重ね着が大事

更新日:

正しい重ね着(レイヤリング)をマスターしよう

登山でのウェアの基本は重ね着です。

重ね着のことをレイヤリングといいます。

汗をかく前に1枚脱いで、冷える前に着る。こまめな着脱が登山の掟です。

ついつい登山に夢中になりすぎて、このレイヤリングを怠ると後々の疲労に大きく影響します。

今回はレイヤリング(重ね着)の基本的な考え方をマスターしましょう。

スポンサーリンク

アドセンス




レイヤリングって何? 登山初心者のウェアは重ね着が大事 基本編

レイヤリングの組み合わせは3種類

山で着る服は基本的に3種類に分けられます。

①アンダーウェア

吸湿や速乾性を目的として選びます。

Tシャツや長袖Tシャツ、タイツなど。

 

②ミドルウェア

保温を目的として選びます。

シャツやフリース、セーター、ベストなど。

軽くて保温性に優れているのでフリースを持っていくケースが多いです。

③アウターウェア

防風・透湿を目的として選びます。

ゴアテックスジャケット、レインウェアなど。

ゴアテックスについてはこちらの記事でも詳しく解説しています。
レインウェアとゴアテックスについて
基本的にはこの3つの組み合わせでレイヤリング(重ね着)をしていきます。

レイヤリングって何? 登山初心者のウェアは重ね着が大事 実践編

先ほど説明したとおり、アンダーウェア+ミドルウェア+アウターウェアを考えて選びます。

季節や登る山の標高による寒さに合わせてウェアを重ねていくことが大事です。

たとえば、春の低山登山(1000m~1500m)程度でしたら、Tシャツ(アンダーウェア)+長袖シャツ(ミドルウェア)+アウターウェア(レインジャケットで兼用)で大丈夫ですが、同じ春でも標高が2000m以上になると頂上付近はかなり冷え込むので、ロングTシャツ(アンダーウェア)+フリース(ミドルウェア)+アウターウェア(レインジャケットで兼用)といった風に、同じ季節でも登る標高や当日の天気(晴天なのか、曇りから雨天になりそうなのか)でも用意するウェアを変える必要があります。

重ね着といってもただ単純に重ねるだけでは不十分です。

大切なのは保湿性・防風性・吸湿性速乾性などの機能を生かした素材の組み合わせをきちんと考え、服の中の各層を連携させることが重要なのです。

アンダーウェアでは吸湿速乾性、ミドルウェアでは防風性、アウターウェアでは防風性と透湿性を求めます。ここがゴチャゴチャになっていると、フリースとセーターを両方持っていったり、防風できるアウターウェアを持たずにダウンジャケットを持っていたりするなど、余計な荷物を持っていくことになったり、いざという時にしっかり対応できなくなる原因になります。

スポンサーリンク

アドセンス




 

レイヤリングって何? 登山初心者のウェアは重ね着が大事 まとめ

各ウェアの特性を考えてレイヤリング(重ね着)すると、体から出る汗や熱を外に逃しながら、冷たい外気を遮断し暖かさを保つことができます。

これにより完璧な重ね着が完成します。

アドセンス




アドセンス




-おすすめニュース, 登山、山ボーイ
-

Copyright© 猫の目ニュース , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。