知っておきたいことについて調べてみました

猫の目ニュース

おすすめニュース 登山、山ボーイ

初心者とベテランの違い 疲れない山登りの歩き方

更新日:

山登りには歩き方のテクニックがあるって知ってましたか?

山を登るにも実は簡単なテクニックがあります。

このテクニックを知っているだけで山登りはもっと楽しく楽なものになるでしょう。ポイントは体をいかに安定させるか。

山登りは基本的には歩行なので、バランスよく歩くのが重要なのですが、傾斜があるために体に無理な力かかってしまい歩き方が悪くなることで、体を痛めてしまうことがあります。また普段から運動をしていないのに、1日数時間も歩くことがない生活からいきなり山に来て、上り坂で岩や木の根などの障害物があるところを数時間歩く事は容易ではありません。

しかし、歩き方のコツを知り、歩きながら山に慣れていけば数時間の登山もそれほどの疲労感を感じないようになれるでしょう。

山を登ることに集中しすぎないために知っておきたいポイントを紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス




初心者とベテランの違い 疲れない山登りの歩き方 基本編

①山では小股でゆっくり前かがみにならないよう歩こう

体の軸をぶらさないように歩きましょう。

体の軸が左右にブレていると両足にかかる負担が大きく、膝や腰、背中などを傷めやすくなります。

②斜面に対してまっすぐ立つ

登りの基本姿勢は山に対して逆らわずまっすぐ立ちそのままベタ足にすること。

それにより体重の負荷が軽減されます。できるだけ上体の位置を安定させることが重要です。坂道を上っていても、おへその辺りが上下しないことが理想です。

③階段や木の根のあるところは小股で歩きましょう

しっかりと階段の木を超えるようにゆっくり小股で登りましょう。

大股で歩くとその分筋肉に負担がかかります。

また木の根を踏まない事は自然を守ると言う意味でも重要です。湿った根っこなどは滑りやすく転倒の原因にもなりやすいので、木の根は踏まないように注意して歩きましょう

④3点確保

低山でもコース上には岩場などの急な登り箇所があることがあります。

こういう場合はストックを使わず、まず両手と両足の4点で体を支えます

そして片方の手を岩場に、次に片方の足をというように順番に動かすようにしましょう。常に3点で体を支え体起こしてバランスを保てるようにすることが大事です。

初心者とベテランの違い 疲れない山登りの歩き方 ストックの使い方

登りの時のストックの基本は短めに調整すること

ストックは登りは短めに、下りは長めに調整します。

足にかかる負担をストックが軽減してくるれる様な使い方をしましょう。

前に出した足の横あたりにストックを突き、ストックを利用して身体を持ち上げるようにしてリズミカルに歩いていくのがコツです。

先ほど紹介した3点確保をしなければいけないような岩場や、鎖り場などではザックにしっかり収納して両手がきちんと使えるようにしましょう。

できれば2本使用した方がおすすめですが、状況に応じて1本だけ使用してもかまいません。利き腕とかは関係なく状況に応じて使いやすいほうの手でしようしてみましょう。

また、ストックを使って歩くときはストックは下に向かって突くことを意識してください。初心者の方で後ろに向かってストックを振る人がいますが、後続の人がとても迷惑になるので気をつけましょう。

スポンサーリンク

アドセンス




 

アドセンス




アドセンス




-おすすめニュース, 登山、山ボーイ

Copyright© 猫の目ニュース , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。