知っておきたいことについて調べてみました

猫の目ニュース

おすすめニュース 登山、山ボーイ

実は登りより大変!山登り初心者は下りの歩き方をマスターしよう

更新日:

実は登りよりも下りの方が大変!?

体力的にも膝などの関節にも負担がかかるのが山下りです。

上りに比べ息苦しさは無いものの、登りで体力を使った後で疲労がたまっていたり、全体重がかかり結構しんどいです。

疲れない山登りの歩き方 登り編
今回は山下りが楽になるためのコツを紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス




実は登りより大変!山登り初心者は下りの歩き方をマスターしよう 基本編

①膝のクッションが決め手

登る事は楽々できても下る時に体が悲鳴をあげていることも。

これは、全体重が足首、膝、腰にかかるからです。

下りの基本姿勢は斜面に対してまっすぐ立ち後ろの足はやや曲がっているイメージです。膝を柔らかく使うことで重さを吸収しましょう。

②歩幅は上り同様に小股

歩幅はなるべく小股で体のブレも最小限にしましょう。

靴のソール全体で地面を踏むような感じで、体重を足裏全部で受け止めてあげることが重要です。そうすることで膝の負担が小さくなります。

③胸を張って歩く

急な斜面でも腰を引かずに胸を張って、小股で降りるようにしましょう。

腰が引けてしまうと身体が縮こまり膝に負担がかかるので、膝周りの筋肉がつりやすくなったり、膝が痛くなったりする原因です。

また、小さめの小石が足の下に入ると、捻挫や転倒の原因になりやすいので充分気をつけましょう。

④リズム良くS字を描くように

無理をせずにゆっくりと小股でリズムを作っていくと安定して下ってこれます。
なめらかなS字を描くように、ジグザグとリズミカルに歩いていきましょう。

リズミカルになるとついつい大股になりやすいので、小股を意識して足を前へ移動させましょう。

目線は足元のやや前方に、次に足を置く場所をどんどん目で追って探していくとよいです。

⑤安全のために3点確保しよう

登りでも出てきましたが、急な岩場や鎖場ではストックを使わず、3点確保するのが基本です。

⑥下りの時のストックの基本は長めに調整すること
登りの時とは逆に、下りの時のストックは長めに調整します。

登りの時は足の横あたりにストックを突きましたが、下りの時は足元のちょっと先をストックで突くようにしましょう。上体が前かがみになると背中や体全体が使えなくなるので、上体を起こすようなイメージが大事です。

⑦水分補給・休憩を忘れずに

登りの時よりも息苦しくないため、ついついどんどん進んでしまいがちですが、一日山登りをした筋肉は悲鳴を上げる寸前かも?

登りほどこまめでなくてもよいので、少なくとも30分に1回は休憩をしましょう。頂上で食事をとると思うのでトイレ休憩なども確認しておきましょう。

実は登りより大変!山登り初心者は下りの歩き方をマスターしよう まとめ

登り以上に下りにはは細心の注意を払いましょう。予想以上に体に負担がかかる動作を続けることで、急に筋肉や関節が痛み出したりすることもあります。朝から登っていてだんだん足が疲れてきているので、無理をせず無事に下山しましょう

アドセンス




アドセンス




-おすすめニュース, 登山、山ボーイ
-

Copyright© 猫の目ニュース , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。