知っておきたいことについて調べてみました

猫の目ニュース

おすすめニュース 登山、山ボーイ

登山初心者 おすすめのアンダーウエア選びは?

更新日:

アンダーウエアで登山が楽になる

登山時のアンダーウェアの素材は吸湿速乾が大事。

綿よりも吸湿速乾機能が充実したアンダーウェアは登山に最適です

すばやく汗を吸湿速乾することで寒さ&暑さ対策だけでなく疲労回復にも良いのです

スポンサーリンク

アドセンス




登山初心者 おすすめのアンダーウエア選びは?

高機能のアンダーウェアが良い理由

普通の長袖や肌着をアンダーウエアとして着ている方も多いかもしれませんが、アンダーウエアを変えるだけでグッと登山が楽になります。

登山の疲労を軽減する段階着圧機能のついているアンダーウエアは、着圧コントロールで筋肉の形にジャストフィットすることで筋肉の動きを正常化し、機能向上と疲労軽減の効果が期待できます。

柔らかいフィット感で無理に締め付けないので、山小屋泊などでも24時間着用が可能です。

綿の数倍の汗を吸湿速乾してくれるので、

夏場は夏の汗によるベタつきを解消

冬場は汗による身体の冷え込み防止

が期待できます。

せっかくレインウエアなどウエアを着こんで防寒対策をしても、体の表面に最も近いアンダーウェアを汗で濡れた状態で放置してると、体が冷えてしまい筋肉疲労と共に、内臓の機能も低下し疲労が蓄積してしまいます。

アンダーウェア選びのポイントは冷え予防が大事

素材

素材としては汗を吸っても冷たさを感じにくいウールそして抜群の吸湿に優れている速乾機能を誇る化学繊維が良いでしょう。

基本的には、専門店やスポーツショップで購入するのが一番おすすめです。

しかし、レインウェアをはじめとして登山グッズやウェアは高性能ですがそれなりに高額なものも多く、一度に全部そろえるのはなかなか大変。

自分のレベルや登る山にあわせて徐々にアイテムを買い揃えていくのも、登山の趣味の楽しみのひとつです。

はじめのうちは速乾機能だけを重視してユニクロのような衣料量販店で購入してみて、山に行く頻度もあがり趣味として楽しむようになったら、筋肉のサポート機能も付いた着圧式のものを購入してもよいでしょう。

上記のユニクロでしたら1000~2000円で購入することが出来ます。

1000円~2000円で購入可能

速乾タイプにプラスして筋肉のサポートタイプを選ぶ

サポートタイプのハイテクアンダーウェアは筋肉の疲労も軽減してくれるのでオススメです。

着るだけで疲れを軽減してくれるのかというと、部位ごとに圧力を変えた着圧設計されているから。トップスだと長袖の袖口の手首付近はゆるやかな圧で、身体の中心4に向かうにつれ着圧を強くします。そのことにより筋肉のポンプ作用を助けてくれるのです。

また背中周りに肩甲骨を開き体幹を支える機能などもついてるタイプもあります。

アンダーだと機能性タイツがおすすめです。

タイツは露出が多いのでファッションポイントでもあります。
短パンや上着とのコーディネートに重要です。
短パンの色にもよりますが、基本的には上着とタイツを同系色でまとめるかタイツだけはド派手にいってもいいでしょう。

機能性タイツは段階式の着圧設計で筋肉の疲労回復や持久力アップに大きく影響します。
有名なのはCW-Xという見た目もオシャレですが機能性もバッチリのものです。このタイツのおかげで東京マラソンの平均タイムがすごい向上したといわれています。

スポーツタイツは高価なものほど高性能だったりするので、できればCW-Xのような1万円前後のものがおすすめです。特に体力に自信がなかったり、登山経験が浅く「山登り用のアシ」ができていないうちはなおさらです。

予算的に厳しいかなという方も、ノーブランドのものでネットで3000円前後で購入できるものもありますので、是非購入を検討してみてください。

履くのと履かないのとでは全然ちがいますよ!

スポーツタイツでデザイン性のあるものが良いでしょう。

CWーX これを履いてから本当に登山が楽になりました

登山初心者 おすすめのアンダーウエア選びは? まとめ

アンダーウエアは目に見えない部分なのでつい予算をかけづらい部分になりますが、機能性にすぐれたアンダーウエアは登山を楽にしてくれます。翌日に疲労が残りづらいのもうれしいですね。
抗菌加工で長時間履いていても消臭効果があるものありますので、是非早めに揃えてしまうことをおすすめします。

スポンサーリンク

アドセンス




アドセンス




アドセンス




-おすすめニュース, 登山、山ボーイ
-

Copyright© 猫の目ニュース , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。