知っておきたいことについて調べてみました

猫の目ニュース

登山、山ボーイ

登山の救急セット おすすめのファーストエイドキットの中身は?

更新日:

もしもの時のために備える 心理的な安心感も

日帰りの登山でも備えあれば憂いなし。
楽しいはずの山登りでケガをしてしまったり体調が悪くなってしまうなんて想像したくありませんが登山の基本は「もしもの時のために備えること」です。
自分以外の同行者がケガをしたり体調が不良になることも考えられます。
最低限の救急セットは用意しておきましょう。

止血などに使う基本的な絆創膏や包帯消毒薬に加えて体質体調次第で
自分に必要なものを用意しましょう。

万が一病気や怪我をした時に、同行者や周囲の人にケガの手当てをお願いすることもあります。
自分以外の人が見てもすぐに救急セットだとわかるように、目立つ袋などに入れてザックの取り出しやすい場所に入れておきましょう。
また、せっかく用意したのに雨に濡れて使えなくなってしまうことがないように
防水性の袋などに入れて濡らさないことも大事なポイントです。

スポンサーリンク

 

登山の救急セット おすすめのファーストエイドキットの中身は?

基本的な救急セットは市販もされています。
ファーストエイドセットなどという名称で販売されているので、何を揃えたら
いいかわからないな、面倒くさいなという方は購入してもよいでしょう。

ファーストエイドセットの中身(市販)

・救急包帯
・滅菌救急包帯
・レスキューシート(エマージェンシーシート)
・三角巾
・消毒綿

大体このあたりが入っています。

滅菌救急包帯は創傷面に貼りつかないのでヤケドなど他用途につかえる包帯。
大体80cm×3mくらいのものが主流。
レスキューシートはアルミシートなど体温を冷やさないようにするもの。

この他に自分で必要と思われるものをプラスしていきましょう。

あると便利 これも必要なファーストエイドセットに入れておこう

・消毒液(マキロンなど)
・傷薬(軟膏)
・虫さされ薬
・シップ
・鎮痛薬(バファリンやロキソニンなど)
・絆創膏
・テーピング

消毒液は必須です。山の中は歩いているだけでも木の枝などに引っかかってしまったり転倒してケガをすることもあります。消毒液には殺菌効果と止血の効果もあります。

シップと鎮痛薬も初心者のうちは入れておいた方がよいでしょう。
はじめのうちは自分のペースがわからず無理をしてしまい、運動不足から足をつってしまうこともあります。

スポンサーリンク

私も登山を始めたばかりのころに足をつってしまったことがあります。
登りはなんとか大丈夫だったのですが、下りはブレーキを利かすので足に力を
入れるとそのたびに足がつり地獄のような痛さでした。

その時は鎮痛薬は自分で持っていたので飲みました。20分くらいで痛みが和らぎました。
同行者がシップを持っていたので一回休憩してシップを貼り、なんとか無事に降りてこれました

テーピングも非常に便利です。
登山靴は足首が固いのであまり足をくじかないようになっていますが、前述のように足をつったりした
りすることはよくあります。
また急に登山靴のラバーが取れたりストックが壊れたりした時に、道具の補修テープとしても使用できます。

 

登山の救急セット おすすめのファーストエイドキットの中身は?まとめ

 

以上のように救急包帯などの必須のものに自分に必要なものをプラスしていくと良いでしょう。
ちなみに私はファーストエイドではないのですが、代えの使い捨てコンタクトも入れています。
救急セットは防災グッズでもあるので、100円ショップの防災コーナーや衛生コーナーでもある程度揃えることができます。
防水性のある袋に入れる必要があるので、チャックのついたビニール袋に入れジップロックの袋に入れるとよいでしょう。

スポンサーリンク

-登山、山ボーイ
-

Copyright© 猫の目ニュース , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。