知っておきたいことについて調べてみました

猫の目ニュース

おすすめニュース ネコ 作ってみたシリーズ

作家デビューしてみたよ!チャットアプリ小説 TELLERに投稿した結果

更新日:

突然ですがチャットノベルってご存知ですか?
海外、特にアメリカなどで若者を中心に流行しているのですが、LINEのトーク画面のように、小説がチャット形式で会話を進めることができます。

携帯小説というのがちょっと前には流行しましたがそれのスマホ版といったところでしょうか。
とにかく新しいカタチの小説です。
チャット小説、チャットストーリー、チャットフィクションといった呼び方もされています。

今、このチャットノベルが読め、そして自分で投稿もできるアプリが大人気なんです。

そのアプリの名前はTELLER

チャット小説アプリは以前からあったのですが、今話題のチャットノベルTELLERは従来のものより見やすく演出も面白いので大人気です。

ミステリーやホラーの他に恋愛ものが分類としては多いのですが、とにかくスマホならではの演出がすごい。
不在着信が来てみたり、ニュースサイトが飛び込んできたり、怖い画像が出たりします。

試しに私も何本か読んでみました。通勤電車の中で読むには最適なライトノベルといった感じですが、ホラー好きにやミステリー好きはかなりハマるかも。

と、いうわけで今回は今話題のチャットアプリTELLERについてご紹介します。

実際に作品を投稿してみたので、これから投稿をする人は参考にしてみてね。

スポンサーリンク

アドセンス




あなたも作家デビュー?チャットアプリ小説 TELLERが面白い 使い方は

まずTELLERですが、こちらはiOSのみの対応みたいなので、アンドロイドユーザーはしばらくリリース待ちになりそうです。
(現在対応機種:iOS 9.3 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応)
無料なのもうれしいですね。

もともとはTELLERという名前だったのですが、開発がDMMの子会社だったこともあり、つい先日、ストーリーのユーザーニーズを反映したデザインにフルリニューアルし、サービス名が「TELLER」から「DMM TELLER(ディーエムエム テラー)」に変更になっています。

ホラーが主流でしたが今後は恋愛ストーリーにも力を入れているようです。

使い方は特に難しいことはありません。

画面スタート後

一般投稿、おすすめ、ホラー、恋愛などの分類から好きなタイトルを選んでタップすればいきなり始まります。

あなたも作家デビュー?チャットアプリ小説 TELLERが面白い 投稿してみよう

まあ、こんな感じで何日か楽しんでいたのですが、一般投稿作品があるってことは・・

オイラも投稿できるんじゃね?

まだ新しいサービスでライバルも少ないだろうし、上手くいけば「恋空」みたいに小説家デビューも夢じゃないかも?と勝手に妄想が始まり、作品を投稿できるか試してみました。

投稿の方法もいたって簡単

投稿方法

①画面に左上のマイページをタッチし、まずはプロフィールを編集。
わかっているとは思うがこれはペンネームなので間違っても本名など書かないように。

ペンネーム:ニャンコ先生
プロフィール画像:猫の画像

う~んわれながらセンスのないペンネーム・・・

②次に画面真ん中の新しく作品を書くをタップ

タイトル入力画面が出てきた

ジャンルを選んで入力するようだが、ジャンルがホラーと恋愛しかない。
絶対、恋愛小説なんか書けないしな~と迷わずホラーを選ぶ。

タイトルは 私のちくわを盗んだオトコ に決定

これでは恋愛小説、いや変態小説と間違われないかちょっと不安。

③チャット方式で文章を書く

文章というかメッセージを書く感じです。
登場人物の設定もここで一緒にやるみたい。

メッセージ入力欄の横に、吹き出しに+というアイコンがあるのでそこをタップすると登場人物が設定できるみたいだ。

何人も設定可能なようだ。

セリフを入れて登場人物を選ぶとどんどん進んでいく。
セリフに句読点を入れると会話っぽくならないので入れないように注意。

④効果演出も使ってみよう

メッセージ入力欄の一番左にある+を押すと電話や不在着信、プッシュ通知などの演出ができるみたい。

説明文などもいれられる。

だんだん面白くなってきた。

途中でプレビューを押しながら確認ができる。

⑤次は表紙画像を選ぶ

だんだん乗ってきたぜ。ネットで怖そうなフリー画像素材をDLして使ってみた。

 

完成

出来上がった先品はこんな感じです

しょうもなw

スポンサーリンク

アドセンス




作家デビューしてみたよ!チャットアプリ小説 TELLERに投稿した結果 まとめ

私のしょうもない作品にお付き合いいただきありがとうございました(苦笑)
なんと、1日で「いいね」が4ついています!
こんな作品でも読んでくれる人がいるんだなぁと変に感心。
もっと他にやることはないのでしょうか?(笑)
とにかくありがとございました!

というわけでこのTELLERは10代を中心にこれからもっと流行しそう。
心理描写とかトリックを考えるのが上手い人だったらすごい作品が出来るのでTELLERをきっかけに小説家デビューや劇作家デビューする人が出てくるかも?

興味のある人は是非挑戦してみたらいかがでしょうか。

アドセンス




アドセンス




-おすすめニュース, ネコ, 作ってみたシリーズ
-

Copyright© 猫の目ニュース , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。