猫の目ニュース

知っておきたいことについて調べてみました

イベント

イルミネーションを自宅ではじめてやってみよう!簡単な方法は?

投稿日:

秋になりクリスマスもそろそろ意識されるころ。街中だけでなく最近は自宅でも
イルミネーションを飾って楽しむ人が増えてきています。
道を歩いていていると、お庭全体を使って豪華な装飾をしていた一軒家から、最近はベランダに装飾しているマンションなども見かけますよね。

中にはライフワークとしてハマってしまい、○十万円もひと冬にお金をかけて楽しんでいる方もいらっしゃるみたいです。
本格的でなくてもいいから、インテリアをおしゃれに変えてくれるストリングライトには色々な種類があって最近はバリエーションも豊富です。

ホームセンターやインターネットの他にも100円均一の材料で作れる安価なものもたくさんあるので、そういうものからちょっと試してみてはいかがですか?

今回ははじめてでも簡単、自宅イルミネーションの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

イルミネーションを自宅ではじめてやってみよう

まず最初に考えるのは予算設定です。

・いくらまで使えるか(金額)

・いつまでやるか(期間)

・電気代はいくらかかるか(ランニングコスト)

 

 

いくらまで使えるか

装飾の平均的な予算を調べてみたのですがのですが、こちらは一軒家やその庭の広さ、マンション住まいなど、そのご家庭次第で平均予算というものが算出できませんでした。

考え方としては

木や壁、ベランダなどにつけるストレートライト系の本数

+

置物系の数

=予算

ですね。

ストレートライトはよくクリスマスツリーについていますが、大体3mで1000円くらいが多いのですが、ネットだと10mで1000円くらいのものも見つけられました。

目安として大体ベランダ1個で8m~10mを使います。

あとはこれを固定するのに必要なビニ帯か結束バンドが必要になります。

こちらはホームセンターでも200~400円くらいですが、100円均一で買えますので節約しましょう。

これだけでさびしい時にはつららライトといわれる飾りライトを合わせます。

ハロウィンのかぼちゃやおばけの形をしていたり、雪の結晶や小さいトナカイや雪だるまなど種類は豊富です。

こちらは10mだと1500~6000円くらいが主流です。
とりあえずのアクセントだったら3mくらいで1000円くらいで済みます。

100均一を使ったウラワザ

つららライトは丸型のシンプルなものでしたら100円均一で売っています。
オレンジ色の丸型のものを買ってきて目とスイカのような口をマジックで書けばハロウィンのかぼちゃになります。
白色の丸型に眉毛と目を書けば雪だるまになるので、家族で手作りしても楽しいですよ。

次に置物系ですがこちらは、クリスマスツリーはマストですが、大体のお家にはクリスマスツリーがあると思うので代用しましょう。
ご自宅に大きな木がある場合は、前述のストレートライトを使用して木を装飾てしてみましょう。
木の大きさにもよりますが10mのものを1本よりも、色の違うものを2本使用すると簡単に綺麗になります。

置物系の代表的なものは

トナカイ

サンタ

が2大人気ですが、
トナカイの90cm級で18,000円くらいです(高w)
サンタのほうが種類や大きさもたくさんあり、2000円くらいからあるので
まずはサンタから揃えて、毎年ちょっとづつ足していくのも楽しいですね。

スポンサーリンク

いつまでやるか

これは季節の問題と時間の問題ですが、一般的には早くても11月に入ってから
みたいですね。11月の中旬以降から年末までが多いみたいです。

点灯させている時間ですが、最近はイルミネーションによるご近所トラブルが増えています。
イルミネーションを飾っているほうは気にしていなくても、けっこう光を気にする方は多いです。最近では光害(こうがい)という言葉もあるくらいです。

時間は午後10時までというのが一般的なマナーのようです。
点灯は午後5時くらいでよいでしょう

点灯時間・消灯時間を管理できるタイマーもあるので、予算のある方は購入してもいいですね。


電気代はいくらかかるの?(ランニングコスト)

上記のことをふまえて計算してみました。

まず電気代は

消費電力(W)÷1000×使用時間×1kWh当たりの電気料金

で計算できますが大体の目安として

上記の

べランダ(ストレートライト1本)0.1(100W÷1000)×5時間×22W=11円(1日)1か月約330円
ベランダ(つららライト1本)0.07(70W÷1000)×5時間×22W=7.7円(1日) 1か月約230円

ですね。

最近は省電力のためにLEDのものも多く出ています。
初期の購入費用はLEDのほうが高めですがランニングコストを考えると、LEDのほうがいいかもですね。

一般的なLEDライトの1時間当たりの電気代は下記ようになります。

ストリングライト(10m) 0.2円
ロープライト(1m) 0.07円
ネットライト(2.5m×1.5m) 0.4円
ネットライト(2m×2m) 0.5円
つらら(3m×0.3m~0.7m) 0.3円
カーテンライト(2m×1.5m) 0.6円
カーテンライト(2m×4m) 1.6円

まとめ

いかがでしたか?
簡易的なものでしたらストレートライト1本とつららライト1本、置物で10000円以内で十分装飾可能です。
電気代も1か月なら全部で1000円以内でおさめられそうです。

イルミネーションライトは冬らしさを演出して楽しめますし家族の思い出にもなります。
ご近所さんへの配慮だけはしっかりして、できれば装飾の前に一声かけてからのほうがお互い楽しむことができるのでおすすめです。

スポンサーリンク

-イベント
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

デートコース屋さんのおすすめ 素敵なクリスマスマーケットはいつから

クリスマスが来るまでを楽しむクリスマスマーケットクリスマス当日ももちろん楽しいけれども、クリスマスまで次第にイルミネーションが飾られ、クリスマスソングがあちこちで流れるようになってくると、「もうすぐク …

西武園ゆうえんちのイルミネーションの料金や混雑する時間は?

四季折々の自然と融合したイルミネーションを楽しめるとして人気の 西武園ゆうえんちイルミージュ。昨年は歌手小林幸子さんとのコラボで 話題になりましたが、今年はメインダンサー&バックボーカルグループ 超特 …

気をつけなはれや!?クリスマスは自宅で友達と楽しく遊ぼう

友達と過ごすクリスマス スポンサーリンクもうすぐクリスマス。 日本では恋人同士のためのイベントのようになってしまたけど、本当は家族や親しい友達とクリスマスを過ごすのも楽しいです。オシャレなホームパーテ …

文化の日は美術館が無料 秋の知的デートコースにおすすめプラン!

2017年11月3日(金)は国民の祝日、文化の日です。3連休の初日なのでお出かけになる方も多いと思います。文化の日ってなんとなく他の祝日に比べて地味なんだよなぁと思ったアナタ。実は文化の日はその名の通 …

仕事でクリスマス 職場 差し入れをするなら必ず読んでおきたい

12月になると街中がクリスマスムードに包まれ華やかな雰囲気に。 クリスマスソングや華やかな装飾などでとても楽しい気分になります。 しかし、日本はクリスマスが祝日ではないのでクリスマスも仕事だよという …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。