知っておきたいことについて調べてみました

猫の目ニュース

紅葉

高尾山の紅葉2017 見頃はいつ 混雑するのは何日?

更新日:

2017年秋の高尾山の紅葉のみごろ予想と高尾山もみじまつりの日程などを
ご紹介します。

高尾山は都心から電車で約1時間と好位置にある自然の宝庫で標高は599m。
都心に近く、東京都民の絶好のアクセスであることや、
ここ数年来の登山ブームで初心者から登れる山として大人気です。
途中に薬王院やさる園や野草園などもあり、1年を通して登山客が多いです。

特に秋の紅葉シーズンは登山・参拝客が多いことで有名です。
山頂のもみじ台や薬王院の周辺、ケーブルカー清滝駅、
高尾山駅など、約1ヶ月にわたって多くの登山者の目を楽しませてくれます。
麓の清滝駅から標高472mの高尾山駅までケーブルカーで結ばれた沿線
にはオオモミジやイロハカエデなどが群生し、最盛期には赤や黄色に色鮮やか
に目を楽しませてくれます。

また毎年、高尾山もみじ祭りが開催され、最寄駅である高尾山口駅から
ケーブルカーの駅まで出店や催し物が開催され、こちらも大人気です。

  

高尾山の紅葉2017年 みごろはいつ

例年、高尾山の紅葉の見ごろは11月中旬といわれています。
今年の夏は猛暑で雨が多かったのですが、大きな台風がこないかぎり今年も
例年通り11月中旬くらいからが見ごろだと思われます。

比較的長い時期(約1カ月くらい)紅葉が楽しめるので、12月の初旬くらいまでは
いろんなスポットで紅葉が見られると思います。
11月中旬くらいだと比較的、頂上付近や高所のスポットがよいでしょう

一番の人気のみどころは、やはり薬王院・仏舎利塔周辺だと思います。
色華やかなもみじが見られるのではないでしょうか?こちらは11月3週くらいが
おすすめかと思います。

高尾山山頂付近のもみじ台周辺も高尾山ならではの紅葉が楽しめるスポットといえます。
こちらは樹齢80年といわれているもみじが有名ですね。
ここは最初に色づきますので、是非見ておきたいですね。

高尾山にはいくつか登山ルートがあるのですが、その中でも4号路と呼ばれる
吊り橋を渡るコースがあります。
このつり橋はみやま橋と呼ばれ、橋の上から紅葉を見下ろす形で紅葉を楽しめる
スポットです。

あとは個人的におすすめなのはリフトコースです。
まるで紅葉のトンネルを抜けてくるようでとてもきれいです。
こちらは11月下旬くらいのほうが色づいてきれいだと思います。

高尾山の紅葉2017年 混雑する日はいつ?

今年の高尾山もみじまつりは、例年と同じく11月1日から11月30日までの開催です。
時間は10時から16時です。

ケーブルカー駅前を中心に車人形や太鼓、民踊おどりなど土日祝日を中心に
いろいろな催し物が行われます。

したがって、混雑が予想される11月の土日、
18日(土)、19日(日)
25日(土)、26日(日)

12月の最初の土日の
2日(土)、3日(日)

は混雑が予想されます。

しかしケーブルカーは朝の8時から営業しているので
早起きしてもみじまつりの始まる10時より前に着いていれば
多少は混雑を避けれると思います。

ケーブルカーも混んでくると50分待ちとかになりますので注意です。

高尾山の紅葉を見たあとは 是非寄りたいスポット

これは平日に行かれる方におすすめなのですが、高尾山周辺のおすすめ
スポットになります。

まずは高尾山口駅から歩いてくると並んでいる茶屋さんです。
こちらは「とろろそば」と「山菜そば」が有名なので是非食べてみてください。

土日だとちょっと順番待ちが厳しかったりしますがとても美味しいので是非
チャレンジしてみてください。

あとは、高尾山口駅に新しくできた京王高尾山温泉です。
駅から直結で行ける駅に隣接した温泉になります。

こちらは食事処も充実しているので、茶店で食事がとれなくても安心です。
露天風呂からはあまり紅葉は見えないのですが、きれいな温泉でとても
いいですよ。
登山の疲れをとってから食事がとれるので思わず眠くなっちゃいますが、
うたたね処もあるので一休みできます。

まとめ

高尾山紅葉2017年の見ごろは11月中旬以降の土日を避けたほうがよいでしょう。
個人的には11月24日から28日の平日がおすすめです。

アドセンス




アドセンス




-紅葉

Copyright© 猫の目ニュース , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。