知っておきたいことについて調べてみました

猫の目ニュース

健康

多汗症はボトックスで治る?効果は10か月?危険性はないの?

投稿日:

多汗症をブロックするためのボトックス注射は効果があるのか?
ボトックス注射というと小顔効果やシワ防止など美容系で有名ですが
多汗症の治療としても最近注目されています。

ボトックスとはボツリヌス菌から抽出されるたんぱく質で、アセチルコリン
という神経の伝達物質の伝わりを弱める働きがあります。
緊張している筋肉にボトックスを注入すると、神経を通して送られる
「筋肉を動かせ!」という命令が弱められ、筋肉がリラックスした状態になります。
ボトックスで汗腺が萎縮するともいい、数年治療すると特に効果が見られるようです。

ボトックスの効果期間

ボトックスの働きは永続的なものではありません。
大体半年から10ヶ月で効果がなくなります。
永続効果を期待せず、最初からそのつもりで注射を受けるべきでしょう。
一定期間をおいて注射をしなおす等の対処をしていきましょう。
ボトックスの効果が消える前に再注射をすることを、ボトックスの製造メーカーである
アラガン社は推奨しています。
完全に効果が消えないうちの注射の方が、結果的にボトックスの効果が出るようです。

  

ボトックスを用いての多汗症の治療方法

ボトックス注射は極細針を用います。
一度の注射で1~2センチに拡散するので、1センチ~2センチの間隔をあけて50箇所ほど注射をし、
多汗症をブロックします。用いる注射針、技術や経験、個人差によって痛みは変わります。
チクリとする程度だったという人もいればとても痛かったという人もいます。

治療効果として多汗症対策に有効性が高いとされています。
切開はいりませんし、他の場所から発汗するような代償性発汗もありません。
保険が効かないこと、継続が必要にもかかわらずボトックスが高価であることがネックです。

費用の目安

クリニックにより差がありますが、多汗症をボトックスでブロックする方法は一回の処置で
10万~15万程度かかるようです。

ボトックスによる多汗症治療の危険性

ボトックスで多汗症治療を行ってから3~4ヶ月以内に筋肉弛緩薬や精神安定剤、
抗菌剤パーキンソン病治療薬を飲むとトラブルが発生する危険性があるようです。

また妊娠時ののボトックス使用はやめた方がいいでしょう。
安全性が確立していません。

ボトックスは、粉末状態のものを生理食塩水で希釈してから注射を行います。
そのため、圧迫などにより液が拡散すると多汗症の目的の筋肉以外の部分まで効果が広がる
危険性があります。
皮下注射をされた部分は、術後しばらくの間は強く押したり擦ったしないようにしましょう。

多汗症の作用を及ぼす汗腺と、身体を動かすための筋肉は位置が全然違います。
身体を動かす筋肉は多汗症治療の部位と違うため、運動の筋肉に支障は出ません。
多少時間がかかっても、納得のできるクリニックを探して手術を受けましょう。

ボトックスは正しく使われていれば問題のない薬品ですが、
術後の経過に少しでも違和感があったら、すぐにでも施術を受けた医院に相談しましょう。

アドセンス




アドセンス




-健康
-

Copyright© 猫の目ニュース , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。