猫の目ニュース

知っておきたいことについて調べてみました

健康

魚の目の治し方 スピール膏の使い方は?自分で治せる?

投稿日:

魚の目って痛くて厄介ですよね。
魚の目はこわい病気ではないけれど、痛みできちんとした姿勢で歩けなくなる
ことにより、姿勢が悪くなり腰痛などの別の症状が出てくることがあることも
あります。
魚の目ができてしまったら、放っておかずに速やかに皮膚科に診察してもらって
いましょう。

魚の目ができる原因というのはどんなものなのでしょうか。

元々は皮膚の防御反応で、継続して同じような摩擦や圧迫をずっと受けた結果、
皮膚の一部が硬くなって角質化するのです。長期間に渡って同一の摩擦や圧迫を
受け続けた皮膚は、防衛のために角質状になります。

スポンサーリンク
  

魚の目のできる原因とは

魚の目ができる第一の理由に、足に合わない靴があります。
このことは、皮膚科でまず聞かれると思います。

新しく買った靴のサイズが自分の足のサイズと合わなかったけど、
多少ならば無理矢理にはく人は結構いると思います。
ですが、靴の形に比して足の甲が広めな人は、左右から足の甲が圧迫されます。
大きさが合わないことが原因で足指の付け根が押しつけられることもあります。
非常に魚の目になりやすい状況です。

そのため、皮膚科での指導では、必ず自分の足に合う靴を履くようにと指導します。
合わない靴をはき続けると、結局魚の目が再発します。

足の形に合わないハイヒールを敢えてはき続ける女性は多いようですが、
それこそが魚の目になる要因の一つです。
デザインだけではなく足にフィットした靴を選ぶことが大切です。

魚の目の治療方法は? 自分で治せる?

魚の目は自宅で市販薬など治すこともできますが、治療のためには硬くなった角質(芯)を
取る必要があります。
厚くなった角質を削っただけでは魚の目を治したとはいえず、すぐに再発します。
もともと皮膚の防御反応のなので、毎日やすりや軽石などで削っても、一時的に角質は薄くなり
ますが、刺激に対する防御反応でますます角質が固くなってしまうことがあります。

スポンサーリンク

魚の目はありふれた病気ではありますが、他の皮膚病と区別がつきづらい病気でもあります。
魚の目だと思い込んで自分で治療していたものが、ウイルス性のイボでどんどん大きくなって
しまったというケースもよくあります。
まず皮膚科を受診し、医師の診断を受けるのが一番良いと思います。

病院ではどのような処置をして、魚の目をなくすのでしょう?
魚の目の症状の程度によって、皮膚科の治療方法は変わります。
患部の進行が著しい場合には、皮膚科では外科手術で対応します。
医師の手術で魚の目そのものを切り開き、魚の目の『目』の部分を取り除きます。
皮膚科によってはレーザーや液体窒素を用いるところもあり、また、麻酔をして芯を完全に
取り除くこともあります。

それでも、病院に行く時間もないし、まずは自分で治したいという方には、市販薬のサリチル酸
(スピール膏)がおすすめです。

再発を防ぐためにはタコのように削るだけではなく、きちんと取り除かねばなりません。
魚の目の患部をえぐり取るために、スピール膏という薬品を使い角質化した部分をほぐします。

こちらはバンドエイド用のような形状をしており、バンドエイドのパッド部分にあたる部分に
サリチル酸という薬品がついています。(淡い緑色)
サリチル酸が体温で溶けて徐々に角質を柔らかくしていきます。
健常の皮膚に長時間つけていると白くなってしまうので、患部の大きさに合わせて選びましょう。
角質が柔らかくなったらフットケア用品などで角質を取り除きましょう。

何度も同じ場所に魚の目ができてしまったり、痛みを感じるくらいに患部が大きくなったなら、
完全に治癒させるために皮膚科に行きましょう。症状に合わせた対応をしてもらえます。

魚の目のようなものができたと感じたなら、症状が重くなる前に市販の薬を使って早い段階で
対応した方が治りも早く手間も少なく済みます。

まとめ

足の裏や指が強い圧迫から角質化し、魚の目やタコを作ってしまって病院の治療を受けるという人は、
予想外に多いようです。
痛みの程度がひどいと歩行も困難になります。
症状が酷くて歩けないほどなら、皮膚科に行って医者に診てもらってください。
市販薬を使っての根治は困難です。
また、正しい靴の選び方等の知識を教えてくれる皮膚科もありますので、再発防止にも役立ちます。

スポンサーリンク

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャベツダイエットは1週間で1000円以下? ビタミンUはがん予防にも

男性・女性を問わずダイエットに関しては1年を通して関心度が高いですね。 運動や食事、サプリメントなど、新しい情報が出るたびに試してみる方も 多いのではないでしょうか? そんな中でも根強い人気があるのが …

背中にきびの原因と対策 イオン導入とは?

顔のにきびで悩んでいる人が多いのはよく知られていることですが、 実は背中にもにきびができることをご存知でしょうか。 にきびが背中のできる原因は様々ですが、そのひとつはアクネ菌と いうものです。 アクネ …

多汗症はボトックスで治る?効果は10か月?危険性はないの?

多汗症をブロックするためのボトックス注射は効果があるのか? ボトックス注射というと小顔効果やシワ防止など美容系で有名ですが 多汗症の治療としても最近注目されています。 スポンサーリンク ボトックスとは …

風邪をひきたくない 予防できる食べ物やお風呂の入り方は?

風邪をひきたくない マスクやうがいや手洗いの他にできること まず風邪になる原因なのですが、主な原因としては風邪ウイルスに対して 体の抵抗が負けた時に風邪にかかるといわれています。 スポンサーリンク ウ …

風邪を妊娠中にひいてしまった 市販薬は飲んでもいいの?

妊娠中に風邪をひいてしまった! 薬は赤ちゃんに影響が出るから良くないってきくけど、ただでさえ妊娠中で 体がつらいのに風邪の症状でますます体がつらいのでなんとかしたいですよね? かかりつけの産婦人科に相 …

アーカイブ

解析

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。