猫の目ニュース

知っておきたいことについて調べてみました

喪中

喪中はがきの文例無料 自分で作る時のチェックポイント

投稿日:

今年は身内で不幸があったので喪中のはがきを出さなければいけないな。
印刷会社にプリントを頼むとお金がかかりそうだし、毎年年賀状は自分で
作っているから喪中のはがきも自分で作りたい。
そんな方に喪中はがきの文例や書き方のコツ、マナーなどをご紹介します。

喪中はがきは新年のご挨拶を控えさせていただく欠礼状です。
年賀状のやり取りや新年のあいさつをしている相手に出しますので、相手が
年賀状の準備を始める11月~12月の初めまでに早めに出しましょう。

———————–
冒頭文
———————–

スポンサーリンク
  

喪中はがきの書き方 文例

喪中はがきの一般的な構成は

① 喪中につき年始の挨拶を欠礼する旨
② 誰がいつ亡くなったか
③ 感謝の言葉などを一言
④ 日付など

になります。

内容は簡素にし年賀欠礼の旨を書きます。
句読点は入れずに書くのが一般的です。
横書きでなく縦書きで書くのが礼儀です。

手書きで書く場合はボールペンやマジックは避け、万年筆か
筆ペンの使用がよいでしょう。

同じく弔事の香典袋などで薄墨を使うことがあるので、喪中はがきも
必ず薄墨で書かなければいけないと思う方もいるみたいですが、喪中
はがきは黒色で大丈夫です。

自宅のPCで作成し印刷する場合は、プリンターによっては薄墨設定できる
ものもありますので、その場合は薄墨でもOKです。
宛名面は黒色でOKです

では実際の文例です。コピペしていただいて大丈夫です。

<文例>

喪中につき年末年始の
 ご挨拶ご遠慮申し上げます

○○月に○ ○○が○○歳にて永眠いたしました
本年中賜りましたご厚情を深謝いたしますと共に
皆様に良い年が訪れますようお祈り申し上げます

平成○○年○○月

  〒○○○-○○
  (住所)○○県○○市
        (氏名)○○ ○○

住所は書かなくて宛名面で書くのでも大丈夫です。

<文例2>

喪中につき年末年始の
 ご挨拶ご遠慮申し上げます

スポンサーリンク

○○月に○ ○○が○○歳にて永眠いたしました
本年中賜りましたご厚情を深謝いたしますと共に
明年もご交誼のほどお願い申し上げます

平成○○年○○月

<宛名表面の書き方と注意点>

・住所は宛名よりも小さめの文字を使用します。
 住所が2行になる場合は、地名と番地を分けないように注意してください

・宛名はハガキの中央に、住所よりも少し下げ、大き目の文字でバランスよく。

・差出人の住所は、相手の住所よりも小さめの文字を使用します。
 切手よりも2、3センチ下ぐらいから書き始めます。

喪中はがきのマナー 出す時期は?誰に出すの?

喪中はがきは一般的には二親等以内の親族が無くなったときに出します。

具体的には一親等(父母・配偶者・子)
もしくは
生計を共にしている二親等(祖父母・兄弟姉妹・孫)
になります。

出す相手は
基本的には普段年賀のやり取りをしている相手に前もって11月~12月初めに
出します。

互いに喪中である親族には出しません。
仕事先なども年賀のやり取りがない場合は出しませんが、相手に気遣わせたく
無い場合なども年賀状で出しても構わないです。

相手が喪中の場合も。こちらも喪中で年賀の欠礼ですということなので
喪中はがきをだしてOKです。

スポンサーリンク

-喪中

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。